生前整理という言葉は認知されてきたがやり方が分からないかたもいると思います。そこで今回は生前整理のやり方について紹介いたします。

まずは故人の財産の目録から作成することから始めます。集めた書類などは大き整理された棚のイラストい箱といった目立つようなところに保管をします。また保管場所も家族と相談して誰でもわかるようなところに保管しましょう。財産目録の具体的なものとして健康保険や年金手帳といった保険証等の書類や健康保険や生命保険などの保険証書、不動産関係の権利書、銀行や郵便貯金といった預貯金の通帳といったものになります。

長い間使っていない物を処分することです。古本や雑誌などは処分するより古本屋に売ってお金にもなります。古本屋に直接持っていくのが難しい方は流行りのメルカリといったフリマアプリやネットオークションなどで自宅で簡単に売りに出すこともいいと思います。しかしパソコンや携帯といったものに中には苦手な方もいると思います。しかし、新しいことにチャンレンジすることで、脳の活性化にもつながるので認知症予防になるのでとても有効にできるのでとても良い循環になります。

生前整理で困ってしまうものが思い出が詰まることがる写真です。写真が統一さ不用品をオークションで売ろうとする人のイラスト(男性)れずに保存しているものは、年代ごとに分けて整理をします。そうすることで先祖代々の思い出の記録は孫にとっても大事な宝物になります。また衣類も同様です。故人が使っていた洋服はとても捨てづらいという方もいると思います。なので、特に思い出深い服を何着かを残しながら他は処分することでスムーズに整理することが出来ます。また処分をしたいけど残したいという場合は携帯やデジタルカメラなどに撮って残す方法もあります。それも思い出として残すことが出来ます。

生前整理をしたいけどマンションやアパートといった賃貸に住んでいる方で急に引っ越さないといけなくなり処分をしたいけど時間がない方もいると思います。生前整理を行っている業者に依頼をすることをおすすめします。

生前整理には、具体的にいつまでやるかなどというものではないので、少しずつ始めていくことで、無駄なものが減るので余裕が出てくると思います。また定年後は時間を作れることが出来るので、余裕をもってやることで、家族に迷惑をかけることなくできます。どうしても忙しくて自分自身でうまく片付けられない方がいましたら、専門業者に依頼をすることをおすすめします。