セイリョウでは介護施設の家具処分・ゴミ処分・不用品処分も承ります。

介護施設からよくいただくご依頼が
ご利用者様が病院へ入院となってしまった場合や

施設の家具などを処分しなければならないので、
不用品処分してくれる業者を探しているというお話を頂きます。

殆どのご依頼がご利用者様が、使用していた部屋の中の家具や処分品を
全て部屋から出して、部屋の中を空にしてほしいとご依頼になります。

部屋を空にできないと次に待っているご利用者様が
部屋に入室する事ができません。

その為、介護施設としては早く部屋の片づけをしてほしいというお話を頂きます。

弊社では、ご利用者様のご家族からか
施設の方から直接ご連絡を頂き見積もりに行かせて頂きます。

部屋にどの程度の家具が残っているか、衣類関係はどれだけ残っているか、
など弊社のスタッフが部屋の状況をご確認させて頂き不用品処分の量を確認します。

金額が決まりましたらお客様へご連絡いたしまして
日程を決めさせていただき、不用品処分の作業に向かわせて頂きます。

《注意点》
貴重品・金品・価値の在るものの処分について、依頼を受ける場合には書面で同意を得てから処分します。

万が一捨ててはいけない物や高価な物などが紛れてしまっていた場合に
取り返しのつかない事になってしまうのを防ぐために書いて頂いています。

ご理解・ご協力の程、宜しくお願い致します。

料金

不用品処分の料金については細かく設定しております。

細かい不用品処分に関しては
45ℓのビニール袋に詰めて頂き、一袋に付き1,000円の計算になっています。

細かいし処分品の例でいうと、衣類関係や雑貨類、コップやお皿などの食器関係など
45ℓのビニール袋に入る様であれば問題ありません。

大きい不用品処分に関しては大きく分けると
家電・家具・介護用品・寝具に分けて値段を設定しています。

その中でも処分する物によって細かな値段設定をしていますので
右にある表を参考にして頂けたらと思います。

こちらの値段はスタッフが下見に行った時に
お客様と確認しながら料金を決めていきますのでご安心頂けたらと思います。

不用品処分のそれぞれの金額が決まった後
人工代や運ぶ量によっての車の大きさの違いで
プラスアルファの金額が変わってきます。

もし、お客様の方で不用品処分できるものがあれば先に処分して頂き
数を減らして頂くことができると、料金が大幅に変わってくることもあります。

その為、料金を安くしたいお客様には
ご自分である程度、不用品処分して頂くことをお勧めいております。

ただ、全てお任せして頂くことももちろん問題ないですので、
お気軽に相談して頂けたらと思います。

片付け屋さんのセイリョウなら安心してお任せして頂けます!

見積もりには料金はかかりません

介護施設で家具処分・ゴミ処分・不用品処分などでお困りの場合、
弊社にお電話頂けたらすぐに施設の方に駆け付けます。

お電話頂いた時点で、一度お伺いできる日をお客様とのご相談の上で決めさせていただきます。

日にちが決まりましたら担当ドライバーが施設に伺い、
家具処分・ゴミ処分・不用品処分の物を確認していきます。

弊社では処分品の大きさや重さによって回収する金額が変わってきますので
一つ一つ確認しながら概算でどのくらいの金額がかかるかをお伝えします。

その場ですぐに概算が分かるので、
予算とのすり合わせがしやすいのでとても安心です。

もちろんここまでの見積もりでは料金はかかりません。

なので、不用品処分をしたいけどまずは金額を知りたいというお客様は
一度見積もりだけでもご連絡頂けたらと思います。

よくある質問

Q1,料金は一袋1,000円のみの値段なのでしょうか?

A,不用品処分の際に持ち運ぶ料金としては、一袋1,000円×〇〇枚で計算させて頂いております。
ただ、処分する量や部屋の状況によっては片付けるスタッフが数名必要になる場合があると思います。
その場合は、人工代が上乗せされますのでご相談頂けたらと思います。

Q2,ビニール袋は用意して頂けるのでしょうか?

A,不用品処分の際に必要なビニール袋は

基本はお客様負担で用意して頂く形を取らせて頂いております。
時間もなく用意ができないというお客様は、是非セイリョウにご連絡頂きまして、
いくつ必要か伝えてもらいこちらでご用意する事も可能です。
その場合は、こちらで用意したビニール袋の料金も上乗せさせて頂きますので、
ご了承頂けたらと思います。

Q3,少量でも可能でしょうか?

A,もちろん可能です。
不用品処分でも細かいモノだけであれば一袋1,000円からの計算になり
大きいモノに関しては先程の表と照らし合わせて決めていきますので細かく計算させて頂きます。

Q4,分別はした方が良いですか?

A,もし、時間があれば分別までして頂けたらと思います。
なかなか時間が作れず不用品処分の分別まで手が回らないという方も居られると思います。
その場合は分別はある程度で問題ありません。

Q5,袋へ詰める作業は手伝ってもらえますか?

A,基本はお客様の方で不用品処分するモノを前もって詰めて頂く様にお伝えしています。
一緒に作業をする場合、いる・要らないの確認作業が発生してしまいます。
そうすると時間がかかってしまい1日で終わらない場合も考えられます。
時間の兼ね合いも考えて、袋へ詰める作業はお客様の方でお願いしております。