遺品整理とは、故人が生前に使用していた生活雑貨、衣類、家具、家電製品、食品などの財産を整理して処分する業務を言います。

故人の遺品を遺族で分け合うことを形見分けと呼び、どこの地方でも昔から行われてきた風習でした。しかし、昨今の時間に余裕がない忙しい時代では、急な出来事や、あるいは借家や賃貸アパートなどで賃貸住宅を明け渡さなくてはならないような方も多く、葬儀などの法事が終わってから、直ちに遺品整理と処分に取り掛かる事が多く発生しています。

貴重品や大切な思い出の品々をご家族様が引取り、使用する予定が無い家具、家電、衣類、食料品等を遺品整理会社が整理して処分を行います。

商品説明

貴重品とは:金品や通帳印鑑など、直接的な財産。

思い出の品:写真や手紙などのほか、趣味の道具。

衣類など:衣服や布団など。

家具や家電製品:生活家電やたんすなど家具類。

食料品:冷蔵庫内の生鮮食品や保存食など。

これらの分類では、貴重品や思い出の品などは直接遺族に引き渡されるが、思い出の品の範疇でも中には遺族の気分を害するようなものや不用な物が含まれる場合は、業者が遺族側の心情を慮って処分することもあるという。

食料品は原則として処分されるが、家電製品では中古品として売却出来るものや使用できるものに関しては、ご遺族様自身で処分対応を行って頂いております。

少子高齢化・核家族化を背景に、独居老人の孤独死が社会問題化し、家具や生活用品が大量に残された状態で住人が亡くなった場合、残された遺族には遺品の整理と廃棄が負担となるケースが多々あります。

大切な家族の使った家具や家電を、ただ単に廃棄されるゴミとして遺品を扱うことに、抵抗感がある遺族も少なくない様子も見られ、こと持ち家などでは故人の生活家財一切合財ごと不動産税を支払い続ける人もいる状況です。

地方農村部や地方都市・古い住宅街では、そのようにして親族などで管理されている無人の家というのも、珍し事では無くなってきている。ただ、無人の家は手入れする者が居ないことで家の傷みが早まる傾向もあり、遺族の生活に一区切り付く、法要のあとに整理業者に整理・廃棄を依頼するケースが多いようである。