生前整理とは


 近年は、デフレ経済の影響から、物が「安く」「大量」「使い捨て」と、必要以上に買い物をして、ストックする方が多くいらっしゃいます。100円ショップ、コンビニエンス・ストアー、ファースト・ファッション等の増加が、更に増長させているように感じています。更には、ネット・ショッピングの台頭により、より安価な商品を、自宅に居ながら購入が出来る環境が整い、より買物をして家の中に物が溜まりやすい状況が出来始めています。この傾向は、高齢者の方ほどご自宅に過剰なストックをする傾向が強いと実感しています。
 それに伴ってか、近年は遺品整理の依頼が急増しています。今後、高齢化が進んでいく事で、ますます増加していきます。2025年には、団塊の世代の約800万人の方が、75歳以上になられます。日本人の平均寿命が80歳前後ですので、このような統計数値を考えても、遺品整理が増えてくるのは必然ではないでしょうか。
しかし、多くの方はご自分が亡くなった事を考えるのは、中々向き合えないのが現実です。高齢になり、ご自分の寿命が近づいていると気付いた時に、どう死後の対処を行うかは、事前に考える必要性が近年は高まってきました。では、一体何をしたら良いのかとなると、多くの事を準備する必要があります。その中の一つ、私達では「遺品整理」をスムーズに行う為の、「生前整理」についてご説明出来ればと思います。
では、なぜ「遺品整理」の前に「生前整理」が必要かというと、

①遺品整理に掛ける費用を抑える為です。
 遺品整理会社に依頼した場合、一軒家のご自宅を全て片づけると、量にもよりますが、約100万円かかる場合もあります。その為、遺品整理の費用を少しでも抑えるためには、早い段階から時間を掛けて生前整理で、片付けを進める事が確実に費用を抑えていけます。

②遺品整理に掛ける時間を抑える為です。
 膨大な遺品の中には、亡くなられた方の思い出や記憶が残る話など、片づけたくても片付けられない時間が続きます。人間の気持ちは、思っている以上に簡単には整理が付かないものだと、多くの遺品整理の現場から体感する事が沢山あります。膨大な量の遺品に埋もれながら、毎日、毎週末、毎月と、延々と荷物の整理に明け暮れるのは、プロの私達が行うのは出来ますが、普段から体験をされていない方にすると、とても苦しい時間だとお聞きします。悲しお別れが、最後は片付け苦労から、大きな負担になってしまっては、亡くなられた方も後悔が残ります。

 このような、遺品整理でご苦労されている方々を拝見してきたからこそ、生前整理をお勧めしております。

生前整理の時代背景

生前整理で困ること

失敗しない生前整理会社の選び方

生前整理に関する支援制度

生前整理の優先順位

少子高齢化時代に役に立つ生前整理